ここから本文です

トヨタ 新型スープラを発売|GRカンパニー初の“オリジナルモデル”が登場

5/17(金) 13:08配信

オートックワン

トヨタ 新型スープラを発売

トヨタは、新型スープラ(GRスープラ)の国内での発売を2019年5月17日より開始した。価格は490万円~690万円(消費税込み)。

■新色 ライトニングイエローが際立つ!? 新型スープラの内外装を画像で見る

新型スープラはトヨタ GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初となるグローバルモデルである。2002年に生産終了してから17年ぶりの復活にあたり、ホイールベース、トレッド、重心高の3要素を重要視しピュアスポーツカーとしての基本性能を追求したモデルとなっている。
なお新型スープラはBMW社との包括提携による初の商品であり、オーストラリアのマグナ・シュタイヤー社グラーツ工場で生産し、海路にて運ばれたのちトヨタ自動車元町工場を経由して納車される。

■web限定申し込みで24台限定発売車も
新型スープラ RZ(カラー:マットストームグレーメタリック)を限定車として設定し、2019年度生産分24台の商談申込みを2019年5月17日13:00~同年6月14日までの約1ヶ月間、web限定で受け付ける。商談順は抽選の上、新型スープラが参戦する第47回ニュルブルクリンク24時間耐久レース決勝当日(2019年6月22日~同年6月23日)に発表される。

新型スープラの主な特長

■外装(エクステリア)
新型スープラの外装は、ショートホイールベースと大径タイヤにより、タイヤの存在感を強調している。
またボディはエアロダイナミクスの中でもリフトの発生を抑えることに特化した造形で、フロント/リアの空力バランスや重量バランスを最適化。
ちなみに空気抵抗低減に寄与するダブルバブルルーフの採用やヘッドランプの位置を車両内側に寄せるボディデザイン等は、2000GTや先代スープラから受け継がれている。
■内装(インテリア)
内装は、上下に薄く水平に軸の通ったインストルメントパネル形状により、ハイスピード時も見晴らしがよく車両の姿勢変化のつかみやすさにも考慮されている。
またメーターやステアリングスイッチなどの操作系エレメントをドライバー正面に集中配置し、ドアトリム、コンソールのニーパッドまで繋げることで、ドライバーをコンパクトに包み込む新しいコクピット様式を採用。
■ボディーカラー
外板色は新規開発色「マットストームグレーメタリック」、鮮やかなライトニングイエローなどアプション設定色2色を含む全8色をラインナップ。
また室内配色は、イグニッションレッドとブラックの内装色2色が設定された。

1/3ページ

最終更新:5/17(金) 17:06
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事