ここから本文です

青空バックに色の共演 大迫・宇瀬水牧野一本桜【岩手】

5/17(金) 11:14配信

岩手日日新聞社

 花巻市大迫町の市営大迫宇瀬水牧野にある一本桜が咲きそろった。見学に訪れた人たちが緑の牧野、放牧された黒毛和牛、青空とのコントラストを楽しんでいる。

 一本桜は、同町中心部から約20キロ離れた宇瀬水牧野にあり、標高800メートルの峠に位置するため、平野部の桜が咲き終わった頃に見頃を迎える。品種は「ベニヤマザクラ」で高さが約10メートルあり、鮮やかなピンク色の花を枝いっぱいに広げている。

 同牧野管理舎のすぐ近くにあり、市内の桜の名所として知られるようになって以降、見頃の時期になると、市内外の観光客らが一本桜と周囲の山々が見渡せる絶好の風景を楽しんでいる。

 9日からは放牧も始まり、一本桜から少し離れた新緑が広がる草地では、牛がのんびりと過ごしている。大迫町内の友人から教わって一本桜を眺めに来たという盛岡市の男性(62)は「見頃と聞いて初めて訪れた。一本桜だけでなく周囲の景色が楽しめるので来て良かった」と眺望をカメラに収めていた。

最終更新:5/17(金) 11:14
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事