ここから本文です

剣道場がおしゃれなカフェに改装 岡山にオープン、焙煎所見学もOK

5/17(金) 22:10配信

山陽新聞デジタル

 かつて剣道場だった建物を改装したおしゃれなカフェが18日、岡山市中区祇園にオープンする。店名は「暮らしと珈琲」。焙煎所も備えており、コーヒー製造の過程を見学することができる。

 1975年に建てられた道場跡(木造2階、延べ約200平方メートル)の1階を、コーヒー製造販売会社(同所)がリニューアルした。

 カフェは10席程度を用意。改装工事で大きな窓を設け、周辺の豊かな自然を見ながらくつろげる造りにした。板張りの稽古場は作業場兼イベント空間で、往時の雰囲気を残す。

 店内に焙煎(ばいせん)機を置き、豆の選別をはじめとする一連のロースト作業を間近で見られるようにした。来店客には、豆の香りをかいでもらうなどしながら、約10種類からお気に入りの1杯を選んで味わってもらう。ティラミスなどのケーキがあるほか、豆の販売も行う。

 地域のにぎわいづくりや魅力を掘り起こす場にもしたいという。作家の展覧会やものづくりなどのワークショップも計画しており、多彩なイベントを展開していく。

 同店は「緑豊かで魅力的なスポットが多い地域。コーヒーをお供に散策してほしい」と話す。

 営業時間は午前9時~午後5時。木曜定休。

最終更新:5/17(金) 23:07
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事