ここから本文です

倉敷市が事故コースターの現地調査 部品落下の鷲羽山ハイランド

5/17(金) 23:18配信

山陽新聞デジタル

 岡山県倉敷市下津井吹上の遊園地・鷲羽山ハイランドで、走行中の立ったまま乗るジェットコースター「スタンディングコースター」(定員24人)から席の部品が落下した事故で、同市は17日、現地調査を行った。

 市建築指導課の職員2人が訪れ、約2時間にわたり事故が起きたコースターを調べた。車両の状態を確認したり、部品が落下した状況について遊園地の担当者から事情を聴いたりした。

 市や遊園地によると、事故は12日午後2時ごろ発生。運行中のコースターで最後列左側の席から上部のパーツが外れて落下した。当時3人が乗っていたが、けが人はなかった。

 市は遊園地に、事故の経緯などをまとめた報告書の提出を求めている。

最終更新:5/17(金) 23:18
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事