ここから本文です

新型「スープラ」発売、趣味性が高い車はビジネスチャンスが増えるのか

5/17(金) 19:09配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 17日、トヨタ自動車が発売したのは、生産が終了して以来17年ぶりに復活させた5代目となる新型「スープラ」です。早速、運転してみました。

「アクセルを踏み込むと非常に加速がいいです。小回りがきいて操作性が高いです」(記者)
 
 自動車業界は、自動運転や電動化など100年に1度の大変革期を迎えている中、なぜトヨタは、新しいスポーツカーを開発したのでしょうか。

「自動運転や電動化の時代になったら、スポーツカーはなくなると思われているが、実は逆。どんどんシェアリングが進んで、普通の車自体を買う意味がなくなる。唯一残るのが趣味性が高いもの。逆にスポーツカーみたいな車はビジネスチャンスが増えると思っている」(チーフエンジニア 多田哲哉さん)

 自動運転に対応する車などの普及が進んでも、「運転して楽しいスポーツカーは生き残る」と考えているのです。新型スープラはすでに予想を上回る1400台を受注しています。

中京テレビNEWS

最終更新:5/17(金) 19:09
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事