ここから本文です

母親はその後死亡…同居する75歳母親の顔殴った疑いで45歳息子逮捕 「介護でイライラした」

5/17(金) 0:46配信

東海テレビ

 名古屋市北区の住宅で、75歳の母親の顔を殴った傷害の疑いで45歳の息子が逮捕されました。母親はその後死亡が確認され、警察が死因などを詳しく調べています。

 逮捕されたのは、名古屋市北区の無職・杉浦秀樹容疑者(45)で、5月15日午後10時半ごろ、自宅で同居する母親の典子さん(75)の顔を2、3回殴る暴行を加え、打撲を負わせた傷害の疑いが持たれています。

 事件の翌朝、杉浦容疑者の父親が119番通報し、典子さんはその後、死亡が確認されました。

 典子さんの顔に傷があったことから、警察が杉浦容疑者に事情を聴いたところ「自分が殴った」と容疑を認め、「母親の介護でイライラした」と供述しているということです。

 警察は典子さんの遺体を司法解剖し死因を調べる方針です。

東海テレビ

最終更新:5/17(金) 0:46
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事