ここから本文です

音楽で水彩画を感じさせたドゥルッティ・コラムの『LC』はポストパンク時代の異端である

5/17(金) 18:03配信

OKMusic

70年代中期に登場したパンクロックは、巨大化したレコード産業へのアンチテーゼであった。たった数年のムーブメントではあったものの、多くの音楽システムを瞬く間に破壊した。そんなパンクも結局は大手レコード会社に吸収され終焉を迎えてしまうが、パンクの精神は若者たちの心に浸透していった。70年代末からのポストパンク時代には、スカ・リバイバル、エスノロック、ワールドミュージック、ニューウェイブ、テクノ、アンビエント、ネオアコなど、多くの新しい音楽が現れ、好奇心旺盛なリスナーにとっては楽しくわくわくする時期であった。テクノ系が主流となった80年代、商業主義に迎合しない若手のアーティストたちはインディーズでの活動を選んだ。そんなアーティストたちの受け皿として、英米を問わずインディーズレーベルの逆襲が始まる。今回取り上げるドゥルッティ・コラムの『LC』は、イギリスのマンチェスターにあるインディーズレーベル、ファクトリーからリリースされた2作目のフルアルバム。彼の音楽を聴いていると繊細で淡い色合いが見えるような絵画的印象が強く、他の誰にも似ていない傑作に仕上がっている。

静謐で孤独を感じる音楽

ドゥルッティ・コラムはギタリストのヴィニ・ライリーのソロプロジェクトである。80年にファクトリーから『ザ・リターン・オブ・ザ・ドゥルッティ・コラム』でデビューした。そのサウンドは曲というよりは、さまざまな自然の風景をイメージ化し、シンセとギターの多重録音で具象化するというもの。ロックというよりは現代音楽のテイストに近い。

彼の音楽は静かで、海に漂うくらげのようでもあり、風景を描いた淡い色で描かれた水彩画のようでもある。時にロックやジャズのようなフレーズを奏でる場合もあるが熱くはなく、寂寥感に満ちているのが特徴だ。

サンドペーパーに覆われた悪意のあるジャケット

ところがこのデビューアルバム、初回リリース時のジャケット(LP)には大いなる悪意に満ちていた。表も裏もサンドペーパーで覆われており、レコードを棚に収納しようとすると両隣のレコードジャケットに必ず傷が付く仕組みになっていた。このアイデアは彼によるものではなく、ファクトリーレーベルのオーナーであるトニー・ウィルソンが考えたもの。インディーズレーベルだけに、サンドペーパーをジャケに貼る作業は、ヴィニを含む少数のスタッフとジョイ・ディヴィジョンやサートゥン・レイシオのメンバーが一枚一枚、丁寧に糊付けしたらしい。一歩間違えば、彼の音楽はイージーリスニング作品のように受け取られがちではあるけれど、ジャケットのエピソードは確かにポストパンク的な感性を持っている。

1/3ページ

最終更新:5/17(金) 18:03
OKMusic

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事