ここから本文です

PL学園→明大→本気の草野球 野球エリートが描く終わらない夢への挑戦

5/17(金) 17:28配信

Full-Count

PL学園で甲子園出場、明大では東京六大学リーグ出場した武井友孝さん

 まだ見ぬ頂点への夢が、身体を突き動かしている。PL学園時代に2度の甲子園、明大でも東京六大学リーグに出場経験のある武井友孝さんは今、外資系生命保険会社で働いている。オフにはスーツを脱ぎ、縦じまのユニホームを身にまとい、品川区を中心に活動する結成4年目の草野球チーム「球通ベースボールクラブ」のキャプテンとしてプレー。学生時代に達成できなかった“日本一”を本気で目指し、野球を続けている。

【動画】プロを目指した147キロ右腕は今、東京六大学リーグ「BIG.6 TV」草野球ツール「teams」を手掛けるディレクターに

 武井さんは明治大学では野村祐輔投手(現・広島)に指名され試合前の専属捕手を務めたこともあるほど、高いキャッチング力、フレーミングが持ち味。野球エリートとも言える経歴を歩んできたが、華やかなことばかりではなかった。

 中学時代は強豪チームではなかった。それでも真摯に取り組む姿勢が買われ、名門・PL学園高校に進んだ。PL学園時代には2度、甲子園に出場したが、控え捕手。春は2回戦、夏は3回戦で敗退した。しかし、その献身的な姿勢を買われ、明治大学でプレーする機会に恵まれた。

「(高校時代)僕は控えのキャッチャーだったんですけど、明治という超名門から声をかけてもらったので、もう一回大学でしっかりやろうかな、という気持ちがありました。明治大には甲子園に出ているメンバーが集まってくる。その中で練習や試合をできるのであれば、自分を伸ばせる」と、ハイレベルな環境に身を投じ、そこで高校時代に成し遂げられなかった日本一を目指すことにした。

 だが、大学でもレギュラー奪取とはいかず、控え捕手としてブルペンで投手の球を受ける日々を送った。それでも「4年間ずっと裏方でしたけど、新しい角度で野球を見られたことは今でも活きていると思う」と胸を張る。

「PLのときも控えだったので、東京六大学なんて行けるような存在じゃなかったんです。それでもちゃんとやっていると誰かが見ていてくれて、そうやって声をかけてもらった。やっぱり野球が好きで、そこに対してひたむきに打ち込むということがあったからこそ、“しっかり頑張っていれば誰かが見てくれている”というのは感じていますね」

1/2ページ

最終更新:5/17(金) 18:03
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/20(金) 11:15

あなたにおすすめの記事