ここから本文です

米海兵隊、迫力の響き 金沢で軍楽隊コンサート

5/17(金) 1:58配信

北國新聞社

 かなざわ国際音楽祭2019アメリカ海兵隊軍楽隊コンサート(ケィ・シィ・エス主催、一般財団法人石川県芸術文化協会、北國新聞社共催)は16日、金沢市の本多の森ホールで開かれ、米国最古のプロ音楽隊が迫力ある演奏を響かせた。

 隊の創立220年を記念した初来日公演で、全米トップクラスの実力者が音楽祭のために特別編成した12曲を披露した。「マーチ王」と呼ばれる第17代隊長のジョン・フィリップ・スーザの行進曲「海を越える握手」では、第28代隊長のジェイソン・K・フェティッグ大佐のタクトに合わせ、隊員が壮大なハーモニーを奏でて来場者を魅了した。

 終演後、自衛隊石川地方協力本部が軍楽隊に金沢城公園石川門を題材とした切り絵作品を記念に贈った。

北國新聞社

最終更新:5/17(金) 1:58
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事