ここから本文です

リヴァプール、退団濃厚のミニョレの後釜に23歳のトルコ代表GKを獲得か

5/17(金) 15:27配信

SOCCER KING

 リヴァプールがトラブゾンスポルに所属するトルコ代表GKウルジャン・チャキルの獲得に関心を示している模様だ。17日にイギリス紙『ミラー』が報じた。

 ユルゲン・クロップ監督は昨夏にローマから獲得したブラジル代表GKアリソンに絶対的な信頼を寄せており、控えのベルギー代表GKシモン・ミニョレが今シーズンの公式戦に出場したのはFAカップとリーグカップそれぞれ1試合ずつのみとなっている。

 出場機会に苦しむミニョレは今夏のリヴァプール退団を考えている模様で、リヴァプールは新たな控えGKとしてチャキルの獲得に向けて動き出したようだ。

 現在23歳のチャキルが今シーズン途中に正GKになって以降、リーグ戦の成績が12勝5分3敗(敗戦のうち2試合はチャキルがケガで離脱)と上向いたトラブゾンスポルは現在4位につけている。このうち5試合でクリーンシートを達成した同選手は、3月の代表ウィークにトルコ代表として初招集された。

 チャキルにはシャルケとリールも関心を示しているが、リヴァプールから同選手の獲得に向けて公式な接触があったことをトラブゾンスポルの関係者が認めており、近いうちに正式なオファーが出されることになりそうだ。

SOCCER KING

最終更新:5/17(金) 15:27
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事