ここから本文です

開幕前に体調不良 ウッズはメジャー2連勝ならず

5/18(土) 9:37配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 2日目(17日)◇ベスページ州立公園ブラックコース(ニューヨーク州)◇7459yd(パー70)

【画像】ウッズ東京五輪に出たい?「答えはイエスだ」

タイガー・ウッズが「マスターズ」に続くメジャー2連勝を逃した。51位から3バーディ、6ボギーの「73」と落として通算5オーバーの83位。開幕直前に体調を崩した予選ラウンドで、カットラインに一打届かず決勝進出を逃した。

前半アウトはスコアを落とさず折り返したが、後半10番から3ホール連続でフェアウェイを外した12番まですべてボギー。深いラフを避けるのがセオリーのコースで、「フェアウェイをとらえることもできなかった。小さなミスもたくさんあった」と一気に予選通過の圏外に押し出された。

13番(パー5)では2.5mを入れるバーディで大歓声を浴びたが、14番(パー3)は18mから痛恨の3パットボギー。予選通過にはバーディが必須だった最終18番の第1打はフェアウェイをとらえたが、打ち上げの113ydの第2打でグリーンを外しパーで終えた。「週末に残れずに、すごく残念だ」と落胆した。

11年ぶりにメジャー制覇した4月「マスターズ」以来の出場で、「久々にマスターズチャンピオンとしての時間を楽しんでいた」というウッズ。周囲からも大きな期待が寄せられたが、開幕前日に練習ラウンドの中止を強いられる体調不良に見舞われたのが想定外だった。「体調が悪くて休みを優先させた。そうすればプレーできるエネルギーを得られると思ったけど、不運にもできなかった」と振り返り、主役のひとりは週末を前にコースから姿を消した。(ニューヨーク州ファーミングデール/林洋平)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事