ここから本文です

ケプカがメジャー最少「128」 2位に7打差は大会記録

5/18(土) 13:38配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 2日目(17日)◇ベスページ州立公園ブラックコース(ニューヨーク州)◇7459yd(パー70)

【画像】ケプカの二の腕

ツアー屈指の難コースという前評判が、まるでウソのようだ。初日に大会レコードタイの「63」をマークしたブルックス・ケプカが「65」で回り、通算12アンダーで首位を独走。36ホール終了時点のメジャー最少ストローク「128」を樹立し、36ホール終了時点の2位に7打差も大会記録を更新した。

ケプカが破る以前の記録は「130」で、これまでゲーリー・ウッドランド(18年「全米プロゴルフ選手権」)、ジョーダン・スピース(2015年「マスターズ」)、マルティン・カイマー(14年「全米オープン」)、ブラント・スネデカー(12年「全米オープン」)、ニック・ファルド(92年「全米オープン」)の5人が保持。一気に2打も更新したことに「素晴らしい」と喜んだ。

出場155人(棄権1名)の36ホール平均スコア「145」より17打も少ないスコアで予選を終えながら、「きょうは少し右に曲がった」と振り返る。4ホールでフェアウェイを外しながら、深いラフに屈さないパワー。「それこそ僕がジムにいっている理由だ」と胸を張った。

予選同組だったタイガー・ウッズは、ケプカについて「誰もが違う方法で調子のピークを合わせようとする。彼はそれを見つけたんだ」と評価。そのウッズが2006年と07年に達成した大会連覇が最終的なゴールになるが、週末も記録ラッシュを見せてくれそうな勢いだ。(ニューヨーク州ファーミングデール/林洋平)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事