ここから本文です

障害者と共生理解深める 福大付属中で「あいサポート運動」講座

5/18(土) 9:49配信

福島民報

 全国国立大付属学校PTA連合会と鳥取県が連携して取り組む「あいサポート運動」の講座は十七日、福島市の福大付属中で開かれた。障害者との共生を進める事業の一環で、生徒は障害の種類を学んだり、車いす体験をしたりして理解を深めた。

 三年生約百四十人が参加した。同連合会の板倉雄一郎副会長(元福大付属中PTA会長)らが講師を務めた。生徒は障害がある人への接し方などを学んだ後、基本的な手話や車いすで段差を越える方法を練習した。研修後、日常生活で簡単な手助けができる「あいサポーター」の証しとなるバッジが配られた。

 参加した菅野泰祐さん(14)は「街中で困っている障害者の方がいれば、気軽に声を掛けていきたい」と話した。

 運動は、鳥取県が全国に先駆けて二〇〇九(平成二十一)年にスタートさせた。あいサポーターの養成を通じ、共生社会の実現を目指している。子どもが対象の研修講座は全国でも初めてという。

最終更新:5/18(土) 9:49
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事