ここから本文です

永瀬廉、清原翔&神宮寺勇太からの賛辞に陶酔

5/18(土) 16:10配信

シネマトゥデイ

 King & Princeの永瀬廉が18日、都内で行われた映画『うちの執事が言うことには』(公開中)の公開記念舞台あいさつに登壇。共演した清原翔、神宮寺勇太(King & Prince)から褒められて陶酔した。

【写真】永瀬&神宮寺、肩を寄せ合う!

 本作は、コミック化もされている高里椎奈のミステリー小説シリーズの実写映画化。名門・烏丸家の若き当主・花穎(永瀬)と仏頂面の執事・衣更月蒼馬(清原)。気が合わないどころか“一触即発”のコンビが、お家の危機に立ち向かうさまを描いたミステリー。

 映画初主演を務めた永瀬は「(撮影が)1年前なので、ある程度成長している(自分の)姿を見ると、『顔、若いな』とか感じれたりして、アルバムを見ている感じで楽しい」と語る反面、「その時の思い出がプンと蘇るようで、まだちょっと恥ずかしい」と、はにかんだ。100誌以上の雑誌の取材を受けたことも明かすと、「そこまで注目していただけてプレッシャーではあるけど、初めての体験だったので楽しくてあっという間でした」とほほ笑んだ。

 永瀬の印象について、清原は「永瀬廉自体、人を巻き込む力を持っていると思いました。(永瀬が)現場に入ってくると(全員のテンションが)上がる」とコメント。すると永瀬は「最初の方の言葉、言ってもらっていい? 聞こえへんかったわ」とリクエストして、「永瀬廉って人を巻き込む力がある」とおかわりし、「ここをニュースのトップでお願いします」と報道陣に呼びかけ。そこに清原までもが「ちゃんと清原が言ったと(書いてください)」とアピールし、場内を盛り上げた。

 続く神宮寺も、「初主演と思えないくらい堂々としていて、少しでも支えられたらいいなと思っていたけど、廉が現場入りすると華やかな空気になるんですよ」と褒めると同時に「ここを黒字で太めに書いてください」と自らの発言をプッシュ。さらに永瀬から「誰が来ると(華やかになる)?」と再確認されると、神宮寺は「廉が来ると。それが自然に出ているところがすごい」と褒めちぎり、永瀬を酔わせていた。

 この日は、優希美青、神尾楓珠、久万真路監督も来場し、映画の見どころを絵で紹介する場面もあり、永瀬は“画伯”ぶりを披露。永瀬と神宮寺は、本作の限定グッズをステージ上で紹介して購買意欲をあおるという、このようなイベントではあまり見ない珍事で会場を沸かせていた。(取材:錦怜那)

最終更新:5/18(土) 16:10
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事