ここから本文です

(ひと)タニア・エディ・パリオナ・タルキさん アイヌ民族と交流するペルーの先住民族出身国会議員

5/18(土) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 黒い山高帽にグレーのショール。そんな南米ペルーの先住民族の装いからアイヌ民族の衣装に着替えて踊った。今年1月、北海道を訪れ、アイヌ民族と交流した時のことだ。「伝統や暮らしを奪われてきたアイヌの人々の苦労は、中南米の先住民の体験と同じ」
 ペルーのケチュア民族として生まれた。4歳の時、ふるさとの村で極左ゲリラをかくまったとして、親戚を含め40人近くが政府軍に虐殺された。村を逃れた両親は差別を恐れ、子どもたちにケチュア語を教えなかった。
 家計を助けるため、放課後や週末に市場でゼリーなどを売り歩いた。だが、大人たちは代金を払わなかったり怒鳴りつけたり。…… 本文:600文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:5/18(土) 11:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事