ここから本文です

<福地桃子>「なつぞら」夕見子役で注目 加速する女優への思い

5/19(日) 7:20配信

まんたんウェブ

 女優の広瀬すずさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」に柴田家の長女・夕見子役で出演している福地桃子さん。広瀬さん扮(ふん)するヒロインのなつを中心に回っている柴田家で、唯一、家族を俯瞰(ふかん)し、時に鋭い指摘でなつの人生を動かしていく夕見子をチャーミングに演じ、注目を集めている。昨年はTBS系の連続ドラマ「あなたには帰る家がある」「チア☆ダン」に出演し、今年2月には初主演映画「あまのがわ」が公開されるなど、今後さらなる飛躍が期待される福地さんに、夕見子役を通じて加速する女優業への思いなどを聞いた。

【写真特集】素顔は夕見子と真逆? どこかゆるふわな雰囲気で… こんな表情も!

 ◇朝ドラオーディションで過去2回落選 「悔しいって思えたことがすごくうれしく」

 福地さんは1997年10月26日生まれ、東京都出身の21歳。デビューは2016年で、朝ドラに出演することが、女優としてのモチベーションの一つだった。そのきっかけとなったのが、デビュー間もないころに、17年度後期の朝ドラ「わろてんか」のオーディションに参加したこと。 

 「そのときに落ちたことがすごく悔しくて。でも悔しいって思えたことがすごくうれしくて。そこまで一つのことに自分の感情が動くって今まであまりなかったのですが、オーディションって分かりやすく結果が出るので、その分かりやすさが逆に良かったのかもしれません。どんなに時間がかかろうが、いつか朝ドラに出ようって思えるようになったんです」と明かしている。

 ◇自身も勇気づけられた“ある”シーン 「興味を持つということをこれからも大事に」

 福地さんにとって「わろてんか」、「半分、青い。」(18年度前期)に続き、“3度目の正直”となる朝ドラオーディションでつかみ取った夕見子役。夕見子といえば口が達者なだけでなく、酪農家として家族みんなで十勝に根を張る柴田家において、「土地には縛られたくはない」と平気で言ってしまうような、自立精神が旺盛な女性として描かれている。

1/2ページ

最終更新:5/19(日) 7:20
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事