ここから本文です

坪井翔、スーパーフォーミュラ開幕戦では苦戦するもオートポリスで復調の兆し? 「SF19の扱い方が見えてきた」

5/18(土) 18:45配信

motorsport.com 日本版

 スーパーフォーミュラ2戦目を迎えたルーキーの坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)は、開幕戦鈴鹿でSF19の扱いに苦しんでいたが、第2戦オートポリスではそこから脱しようとしている。

【リザルト】第2戦オートポリス|フリー走行1回目タイム結果

 開幕戦鈴鹿で坪井は、セーフティカー導入に乗じた混乱をうまく切り抜け5位入賞を果たした。しかし、週末を通して好調だったわけではなく、公式予選ではクラッシュを喫し早々にQ1を敗退。直前のフリー走行でも16番手に沈むなど、本人もリズムをつかみきれないままの週末になったという。

「正直、鈴鹿では練習走行も下位に沈んでしまっていて、あまりリズムが良くない中で、セットアップだったりだとか、まだ見えない部分もすごく多かったです」

 迎えた第2戦オートポリスで坪井は、金曜専有走行では4番手、土曜フリー走行では5番手となり、鈴鹿とは対照的に良い走り出しをみせた。その裏には、彼がマシンの扱いに慣れてきたという点が関係しているようだ。オートポリスでの土曜フリー走行後にメディア向けに行われたサタデーミーティングで、坪井は今週末の状況について語った。

「オートポリスに向けて準備していたことがだいぶ良い方向に進んでいて、スーパーフォーミュラというマシンをどうやって扱えばいいのかという部分が、だいぶ見えてきました。それがオートポリスに来て昨日の練習走行で4番手でしたし、もちろんタイヤの状況もありますが、決して変な所にはいないなというのが認識できたので良かったです」

「今日の朝のフリー走行も、スーパーフォーミュラでこんなに雨が降っている中で走るのは初めてだったので、(色々と)わからない中で走ったんですけど、結果的に5番手でしたし、ドライでもウエットでもそんなに悪くないのかなという印象を持っています」

 これから控えている公式予選は、雨になる可能性が極めて高い。ウエットコンディションの習熟のために坪井自身が重要視していたのは「周回を重ねること」だったという。

「飛び出しちゃうと走れなくなってしまうので、まず周回を重ねることが大事だと思います。雨はどのくらい周回できるかが勝負だと思っているので、そこは意識しています」

戎井健一郎

最終更新:5/18(土) 18:45
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事