ここから本文です

栗山民也×菅田将暉「カリギュラ」に秋山菜津子、谷田歩、橋本淳

5/18(土) 12:00配信

ステージナタリー

菅田将暉主演「カリギュラ」の追加キャストが発表された。

このたび出演が決定したのは、秋山菜津子、谷田歩、橋本淳ら。またこのたび、カリギュラ役の菅田、セゾニア役の秋山、エリコン役の谷田、ケレア役の橋本のソロビジュアルが公開された。さらに、すでに発表されていた11月の東京・新国立劇場 中劇場公演に加え、同じく11月には、福岡・久留米シティプラザ ザ・グランドホール、12月には兵庫・神戸国際会館 こくさいホール、宮城・仙台銀行ホール イズミティ21 大ホールにて上演されることも明らかになった。

【写真】セゾニア役の秋山菜津子。(メディアギャラリー他5件)

「カリギュラ」は、フランスの作家アルベール・カミュによる戯曲。ローマ帝国の若き皇帝カリギュラは、愛し合った妹の急死を境に豹変し……。今回の上演版では演出を栗山民也が手がける。公演日程やチケット情報の詳細については続報を待とう。

■ 秋山菜津子コメント
今回、私はカリギュラを愛する年上の女性を演じさせていただきます。
これからお稽古をしてスタッフ、共演者の皆さんと共に素敵な舞台になるよう作り上げていきたいと思います。
皆さんどうぞ楽しみにしていて下さい。

■ 谷田歩コメント
今回菅田将暉くんとは初共演なので、
彼がどういうカリギュラを作ってくるのかすごく楽しみです。
僕は栗山さんの芝居の作り方がすごく好きで、限られた稽古時間の中で集中して作り上げる、栗山さんの一つのアイテムになれればいいなと思っています。
初共演の方たちばかりなので楽しみにしています。

■ 橋本淳コメント
初めて戯曲を読んだのは20代前半くらいだったのですが、その時は全く理解できなかった戯曲でした。
その後、この作品を観たり、最近また戯曲を読み返したりして、その時感じたものとは違うものを感じています。
この作品の世界観、人間的な話の部分の少し取っ掛かりがつかめたかなと、とても身近に感じました。
でも、難解な部分はありますので、稽古まで、そして稽古の時間を必死にゆっくりとしっかり咀嚼して理解していけたらなと思ってます。
栗山さんとはじめてのお仕事ですし、共演者の方々もみなさん初めましての方ばかりですので、とても刺激的な稽古場になるんではないかと思っております。
素敵な作品にしたい、させたいと思います。

■ 「カリギュラ」
2019年11月
東京都 新国立劇場 中劇場

2019年11月
福岡県 久留米シティプラザ ザ・グランドホール

2019年12月
兵庫県 神戸国際会館 こくさいホール

2019年12月
宮城県 仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール

作:アルベール・カミュ
翻訳:岩切正一郎
演出:栗山民也
出演:菅田将暉、秋山菜津子、谷田歩、橋本淳 / 原康義、石田圭祐、世古陽丸、櫻井章喜、俵和也、野坂弘、坂川慶成 / 石井淳、石井英明、稲葉俊一、川澄透子、小谷真一、小比類巻諒介、西原やすあき、高草量平、原一登、平野亙、峰崎亮介、吉澤恒多

※高草量平の「高」ははしご、峰崎亮介の「崎」は立ち崎(たちざき)が正式表記。

最終更新:5/18(土) 12:00
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事