ここから本文です

【K-1】不可思が両国大会に参戦決定「喧嘩を売りに来た、よそ者の俺がK-1のベルトを奪う」

5/18(土) 21:48配信

イーファイト

 5月18日(土)東京・後楽園ホールで行われた『K-1 KRUSH FIGHT.101』でKING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王者でRISEライト級王者の不可思(27)がリングに上がりK-1へ参戦を発表した。
 6月30日(日)の『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN』(両国国技館)からの参戦となる。対戦相手は未定。

【フォト】昨年6月、この右ストレートで”怪物くん”鈴木博昭からダウンを奪い8月に決勝でKNOCK OUT王者となった

 中村拓己K-1プロデューサーは不可思とK-1グループが契約したことを発表し「これだけ素晴らしいキャリア、実績を持った不可思選手がK-1のリングに魅力を感じ、このリングに上がる決意をしてくれたことに非常に嬉しく思っています。これからK-1ジャパングループの一員としてK-1のリングで戦っていくと思うんですけれども、ぜひK-1ファイターたちに喧嘩を売るつもりで暴れてほしいと思います」と挨拶。

 続いてマイクを握った不可思は「K-1のファンの皆さん初めまして。K-1の外からここまで(リングを指差し)喧嘩を売りに来ました。よそ者の俺がK-1のベルトを奪うので見ていてください」と宣言。

 テレビ解説を務めていた武尊は「面白いですね。高校時代タイに修行に行った時にたまたま同じジムで同い年で同じ部屋で生活してました。その頃からギラギラで、そのギラギラがK-1に入ることでもっと盛り上がるのでは。今(不可思)マイクを聞いてすごくワクワクしました」と今後の不可思の活躍に期待した。

最終更新:5/18(土) 21:48
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事