ここから本文です

「とっとり花回廊」ばらまつり 皇室ゆかりの品種「マサコ」も

5/18(土) 15:47配信

共同通信

 鳥取県南部町の県立フラワーパーク「とっとり花回廊」で18日、恒例の「ばらまつり」が始まった。皇室ゆかりの名前が付いた「プリンセスミチコ」や「マサコ」、「プリンセスアイコ」といった品種が来園者の注目を集めていた。約190品種、約千株が順次見頃を迎える。6月2日まで。

 バラ園では、オレンジ色の大輪「モナリザ」や深紅のつるバラ「シンパシー」の柔らかな花びらが、枝葉を覆うほどに広がり、香りに誘われたチョウが舞う光景も。花回廊の関係者によると、18日時点で二分咲き。今月下旬が最も見頃になる。

 期間中の土日の午後6時半~午後9時にバラ園がライトアップされる。

最終更新:5/18(土) 17:10
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事