ここから本文です

阪神・メッセンジャー 7回4失点で降板 粘投も2被弾に沈む

5/18(土) 16:29配信

デイリースポーツ

 「阪神-広島」(18日、甲子園球場)

 阪神の先発、ランディ・メッセンジャー投手が、7回4失点でマウンドを降りた。粘りの投球で好調な広島打線を5安打に抑えていたが、要所で浴びた2本の1発に泣いた。

 立ち上がりに先制パンチを食らった。初回、2死一、三塁のピンチを迎え、5番・西川への初球だった。真ん中に入った直球を捉えられると、打球は弾丸ライナーで右翼スタンドに突き刺さる先制3ラン。昨夜の敗戦から一夜明け、連敗だけは避けたい猛虎だったが、いきなり3点を追いかける展開となった。

 二回以降は立ち直りを見せたメッセンジャー。二回から五回までは全て三者凡退、1人の走者も出さない完璧投球で味方の援護を待った。しかし、六回だった。2死を奪った後、3番・バティスタに打った瞬間それと分かる豪快なソロを見舞われた。すさまじい打球音とともに、スタンドからは虎党たちのため息が漏れた。

 七回もピンチを背負ったが、何とか無失点で切り抜けた右腕。前回登板した11日の中日戦(甲子園)では5回3失点とゲームを作ったが、この日同様、初回に喫した3失点が最後まで響いた。それでも簡単に試合を壊さず、122球の熱投で7回を投げ切った姿は必ず次戦へとつながるに違いない。

最終更新:5/18(土) 16:34
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事