ここから本文です

那須川天心、AbemaTV企画でテーパリットの1000万円獲得を阻止

5/18(土) 20:43配信

デイリースポーツ

 キックボクサーの那須川天心(20)が18日、AbemaTVによる企画「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」で、元WBA世界スーパーフライ級王者のテーパリット・ジョウジムにKOをさせず、1000万円獲得を阻止した。

 テーパリットはボクシングで亀田大毅、名城信男を撃破している元世界王者。ヘッドギアあり、2分3ラウンドの特別ルールで行われた。タイトルにもある「1000万円」を獲得するには、那須川をKOしなければならない。

 1回から那須川は強烈なパンチをたたき込むが、テーパリットはひるまず。逃げ切れば那須川の“勝利”となるルールではあるが、打ち合った。3回はテーパリットのパンチも那須川の顔にヒットしていたが、那須川に大きなダメージにはならず。終了のゴングがなった。

 対戦後、AbemaTVによる中継でのリングインタビューで、那須川は「初めてこういう舞台でボクシングをやって、やりづらかったですね。ちょっと大きいパンチが見えづらくて」と率直な感想を語った。「3ラウンド目、倒しにいったんですけど、あまりにもガードが丸くなって倒せなかった」と反省しつつ、テーパリットについても「パンチ、硬かったですね。本当にこういう経験、なかなかできるもんじゃないんで、いい経験になりました」とたたえていた。

最終更新:5/18(土) 21:27
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事