ここから本文です

DeNAが2連勝 上茶谷が7度目の挑戦でプロ初勝利 ソト4打点

5/18(土) 21:17配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト6-11DeNA」(18日、神宮球場)

 DeNAが2連勝で、5カードぶりの勝ち越し。ドラフト1位・上茶谷(東洋大)が7度目の登板で待望のプロ初勝利を飾った。打線は今季最多11得点の猛攻で打ち勝った。

【写真】やっとつかんだ勝利 ヤクルト戦での上茶谷の力投

 待望の白星だった。上茶谷は粘り強く5回2/3を投げ、3安打3失点。四回、村上に一時同点とされる3ランを浴びたが、そこからも崩れることなく試合を作った。変化球を有効に使い、「何とか粘り強く投げることはできた」と振り返った。

 打線も序盤からルーキーを援護した。一回、ソトの犠飛で先制。三回はソトが5月初アーチとなる12号2ランを放った。同点とされた直後の五回は宮崎、筒香の適時打などで3点を勝ち越し。七回には宮崎の適時打など5安打を集中して5点を奪った。

 借金9で最下位だが、不振に苦しんでいた宮崎が完全復活し、4打点のソトも上り調子。ルーキーにも白星がつき、ようやく反撃ムードが高まってきた。

 一方、ヤクルトは先発石川ら投手陣が打ち込まれ、14安打11失点。4連敗で貯金1となった。

最終更新:5/19(日) 10:14
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事