ここから本文です

井上尚弥2回KO圧勝!ロドリゲスとの全勝対決で戦りつのKO劇 WBSS決勝進出

5/19(日) 5:23配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBSS準決勝、IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(18日、グラスゴー)

【写真】尚弥の父 ロドリゲス陣営に小突かれた!

 階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」の準決勝が18日(日本時間19日)、英国グラスゴーのSSEハイドロで開催され、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=が2回1分19秒TKOでIBF世界同級王者のエマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=に圧勝。WBA同級スーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)の待つ決勝へ進出した。

 互角の初回を終えると、2回早々に井上が一気に仕掛ける。リング中央で右ボディーから顔面へ左フックを返すコンビネーションで痛烈なダウンを奪う。再開後、左から右のボディーですぐにダウンを追加。ロドリゲスはあまりの衝撃に戦意を喪失したかのごとく自身のコーナーへ顔を向けて首を振った。何とか再開に応じたものの、ロープに詰められ左ボディーで3度目のダウン。カウント8でレフェリーが試合を止め、井上の衝撃的勝利が決まった。

 井上はこの勝利でIBF王座とリング・マガジン認定ベルトも獲得。リング上でインタビューに応じ、「常に平常心で戦おうという気持ちを持ってイギリスに乗り込んできたので、いいパフォーマンスが出せてほっとしています」と納得の表情を浮かべた。

 WBAとIBFの王者の対決だったが、WBAのバンタム級にはスーパー王者のドネアが存在する。IBFの規定により、スーパー王者が君臨する場合、レギュラー王者との統一戦は認めておらず、試合はロドリゲスのIBF王座のみが賭けられた。井上は勝てば2本のベルトを獲得、敗れればWBA王座は空位になるというルールだった。ただ、井上は勝てばWBA王座の防衛はカウントされるため、これが2度目の防衛となる。

 井上は昨年10月7日に横浜アリーナで元WBA世界同級スーパー王者のフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)とWBSS1回戦を戦い、70秒KOの圧勝でこれを突破。衝撃的な試合内容が世界中で話題となり、今大会の優勝候補筆頭と見られていた。そして事実上の決勝ともいわれたロドリゲス戦で再び世界を震撼させた。戦績は井上が18戦全勝(16KO)。ロドリゲスは20戦19勝(12KO)1敗。

最終更新:5/20(月) 17:40
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事