ここから本文です

作詞家・富野由悠季が語る“アニソン”の価値基準の変化

5/18(土) 8:40配信

オリコン

■「哀戦士」「めぐりあい」のヒットで感じた、「アニメ音楽」が変わることへの期待感

――では、富野監督におけるアニメ音楽への関わりは、『ガンダム』がエポックメイキングになっているのですね?

【富野由悠季】『ガンダム』以前でも、ライターなり企画者なりが書いた歌詞をもちこんで、なんとか曲にしてくれないか、という交渉ごとはやっていました。順々にそうした切り崩しをやっていって、いよいよ『ガンダム』の総監督権限で「学芸部」の言いなりにならないということをやりました。

――その想いが結実したのが、『機動戦士ガンダム』劇場版三部作における、井荻麟作詞・「哀戦士」「風にひとりで」「めぐりあい」「ビギニング」といった楽曲なのでしょうか。

【富野由悠季】いわゆるTV版の音楽では痛みも感じていて、映画版では「学芸部」扱いはやめてくれ!とキングレコードには伝えました。最低限度、詩先にしてもらって、そのうえで作曲家を連れてきてくれと。「普通のポップスが書ける人を連れてきてくれなければ、キングレコードさんで出さないよ」というところまでいきました。

――その結果、故・井上大輔さんというもの凄い方が出てきたわけですね。

【富野由悠季】僕らとしても穏当ではないだろうと思いました。つまり井上大輔さんほどの人を連れてきてくれるとは思っていなかった。当時、僕は彼に対して「なんで(仕事が)空いてたの?」と聞ける立場でした(井上氏と富野氏は日本大学芸術学部の同級生)。「いま俺の仕事で多いのはCMソングで、俺の曲をつけると商品が凄く売れて、ビジネスとして楽しい」と言われ、なるほど、そういう意味で本当にプロになったんだなと思いました。

――井上さんといえばグループサウンズのイメージがありましたが、当時はCMソングでもヒットされていました。

【富野由悠季】まさにその通りで、グループサウンズという閉じられた世界にいるのではなく、仕事としての幅を広げてここ数年やっているんだと聞いて「お願いします」と。ただ、学生時代にグループサウンズでスターになった人だから、僕から見たら3段階くらいステップが上の人なんです。だから、正直なところ彼に詞を出すのがつらかったんです(苦笑)。「申し訳ないんだけど、これでやってくんない?」ってお願いすると、作曲家としてプロ中のプロになった人は、パっと詞を読んで即答するわけです。「あ、いいね。基本的に直さなくてすむと思うから」と井上さんに言われ、その時は素直に嬉しかったですね。ただ、当時彼の仕事のアベレージはとても高く、このまま続けられたらと思うと同時に、「いつ嫌われるんだろうか」という恐怖はありました。

――結果、井上さんとの楽曲「哀戦士」「めぐりあい」は大ヒットしました。

【富野由悠季】一番重要なことは、「あ、キングレコードが学芸部を無くすということになっていくな」とも感じられたことです。それはつまり、これ以後“アニメ音楽が変わっていくかもしれないな”という期待感ですね。

2/4ページ

最終更新:5/20(月) 18:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ