ここから本文です

NGT48村雲颯香、山口ら卒業公演で自責の念「何もできなかった自分が悔しい」

5/18(土) 20:06配信

オリコン

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ・NGT48の山口真帆(23)が18日、新潟市内にあるNGT48劇場でメンバーの菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)とともに『「太陽は何度でも」公演~菅原りこ・長谷川玲奈・山口真帆 卒業公演~』に出演。グループに残る村雲颯香もサプライズで登場し、3人への手紙を読んだ。

【ライブ写真】欅坂46の「黒い羊」を歌唱した山口真帆ら

 アンコール中にサプライズで登場した村雲はしたためた手紙を読み上げた。3人への感謝や思い出を語ると、「この数ヶ月で今までの楽しかったことも、うれしかった遠くに行ってしまうようなつらい思いを経験したと思います。みんなに、そんな思いをさせてしまったことが、NGT48のメンバーとして、すごく悲しかったです。大切な、みんなのことを守れなくて、ごめんなさい」と身を切るような思いを吐露。そして「本音は、こういうかたちで辞めてほしくなかったし、そのためにもっと力になりたかったです。何もできなかった自分が本当に悔しい」と自責の念を口にした。

 後悔の思いを山口らが否定すると村雲は「1番に願っているのは3人が幸せになることです」と打ち明け「みんなは痛いほどわかると思うけど、人を疑うことはつらいことです。信じたいものを信じられないのは、とても苦しいこと。逆に誰か心から信じられることは、とても幸せなことだと思います。今まで苦しんだ分、これからは信じられるものをたくさん作ってほしい。もちろん、私もりこ、れなぽん、まほちゃんとの信頼関係をますます深められるのが楽しみです。お互い夢を叶えられるように頑張ろうね」と呼びかけた。

 山口は「もふ(村雲)とはふざけ合うことが多い。こうして改めて手紙を書いてもらってうれしい。もふはNGTとして頑張ることになるけれど、私は応援していきたい。これからも友だちでいたい」と感謝していた。

 山口は4月21日に行われた『逆上がり』千秋楽公演で同グループからの卒業を発表。涙を浮かべながら「今の私にNGT48のためにできることは、卒業しかありません」と無念の思いを伝えていた。山口に先立ち、長谷川と菅原も卒業を発表しており、この日に3人だけの卒業公演を行った。

 NGT48を巡っては、山口が昨年12月、自宅に押しかけた男性2人から暴行を受けたことやメンバーの関与、運営側の不対応を1月8日夜~9日早朝にかけて動画配信やSNSで告白。1月10日に新潟市内のNGT48劇場で行われた3周年記念公演では、被害者の山口が騒動を謝罪して波紋を広げた。

 その後、NGT48を運営するAKSは第三者委員会を設置して調査を行ったが、その報告会中に山口本人がツイッターで否定するなど、騒動に収束の見通しが立っていないなか、今月11日、「NGT48は現在のチーム制度を取りやめ、新たに、NGT48 1期生と研究生として再スタートを切ることに致しました」とチーム解散を報告していた。

最終更新:5/21(火) 8:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事