ここから本文です

独裁指導者が失脚のスーダン、民政移行は実現されるか

5/18(土) 8:03配信

The New York Times

(c)THE NEW YORK TIMES

スーダンで、約30年間にわたり強権支配をしてきたオマル・ハッサン・アハメド・バシル前大統領の失脚後、文民政権への移行を求め市民たちが反政府デモを繰り広げている。市民による民主化運動で長年の独裁政権が次々と倒された「アラブの春」は、その後、内戦を引き起こすなど中東に大混乱をもたらしている。スーダンもその二の舞となるのだろうか。【翻訳編集】AFPBB News

最終更新:5/18(土) 8:03
The New York Times

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事