ここから本文です

やり過ぎ厳禁! セレブのフォトショップ失敗例4

5/18(土) 21:00配信

ELLEgirl

もはやセレブのSNS投稿に、フォトショップはつきもの!? 加工しすぎて失敗してしまったセレブの投稿をチェック!

【写真】「ありのままの自分でいい」 体型批判に反論したセレブ

クロエ・カーダシアン

背景が歪んで画像加工が発覚してしまったのが、妹のクロエ・カーダシアン。鏡に映った右足あたりのドアが曲がってしまい、コメントに指摘が殺到!

さすがにマズイと思ったのか、「左右の足の太さが違うから修正した」とあっさり認めてオリジナル画像を再投稿。

クリス・ジェンナー

もちろんカーダシアン&ジェンナー姉妹のママ、クリス・ジェンナーだって画像修正は日常茶飯事。有名シェフ、ゴードン・ラムゼイとの2ショットをそれぞれのインスタグラムに投稿したけれど、まったく同じ場所でほぼ同じタイミングで撮影した写真なのに肌の質感やしわの差が歴然!

ゼンデイヤ

少しでも細く見せようと画像を加工するセレブがいる一方で、勝手に修正された写真に抗議して注目を集めたのはゼンデイヤ。カバーを飾った『Modeliste』誌で掲載された写真が、実際よりもヒップや太ももが細く、肌が褐色になっていることに激怒。

「19歳の私のお尻とウエストまわりが大きく修正されていることにショックを受けた。こういう行為によって女性たちは自分に引け目を感じるようになり、非現実的な美の理想形が作られてしまうのよ」と異論を唱えたうえで、「私を知っている人なら、私が正直さと純粋な自分への愛を大切にすることをわかっている。だから私は本当の写真(右よ)を公開するわ。私はこの写真が大好き」と自らフォトショップ前後のスナップを披露。

ジョン・メイヤー

いつまでも若々しく見られたい! という願いを抱くのは女性だけに限らず……。プレイボーイで知られるジョン・メイヤーも、フィルターをかけすぎた写真を投稿したことが!

友人リッキー・バン フェーン(女優アリソン・ウィリアムズの夫)と久しぶりに再会したときに撮影したようだけど、巻き添えになって気の毒。

最終更新:5/23(木) 10:30
ELLEgirl

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事