ここから本文です

【その壁を超えてゆけ】井上尚弥、3カ月前の絶不調クリアし挑む最強決定戦

5/18(土) 14:00配信

日刊スポーツ

絞り込まれた肉体が、ついに対峙した。5月18日(日本時間19日早朝)に英スコットランドのグラスゴーで開催される階級最強決定トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級準決勝のゴングが鳴る。
前日17日の計量で、WBA王者井上尚弥(26=大橋)がIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)と正面から顔を向き合わせた。時間にして約15秒。ともにリミットよりも100グラム少ない53・4キロでパスした両者は視線をそらさなかった。無敗王者同士の対決にムードは最高潮となった。
「やっぱり良い具合に仕上げてきている。過去最強の相手と言っても過言はないので、明日、しっかり精進して臨みたい」
簡単に倒せる相手ではないからこそ謙虚に、そして自信も忘れない。短い言葉に井上は決意を凝縮させていた。ほど良い緊張感が日本ボクシング界が誇るモンスターに漂う。「誰がバンタム級で1番強いのか」を決めるセミファイナルにふさわしい実力が拮抗(きっこう)した王者対決が始まろうとしている。

【写真】井上尚弥がおとこ気ヴィトンスニーカー履いて帰国

非公開トレ、非公表ウエート

減量のため、気温29度に設定された大橋ジムで、井上は今月7日まで調整してきた。部分的とはいえ、異例となる非公開トレがピリピリ感を増幅させていた。
3日に報道陣に公開された練習はWBC世界同級暫定王者の弟拓真との軽めスパーリング2回のみ。いつもはリミット(53・5キロ)までの残りウエートを隠してこなかったが、今回は「あと5~6キロです」と冗談を言った後に「記事にしてほしくないです」と最後まで言わなかった。
「まだ試合まで日にちもありますし。長く、ゆっくり調整したいんです。(大勢の人の中で)風邪とかも気になりますし」
WBSSのことだけに集中したい-という気持ちが言葉からにじみ出る。
「それはこの大会のでかさ、そしてロドリゲスの実力を評価しているから。自分はこういう試合の方が実力以上のものを出せるタイプだと思っているので」
自らの好調を実感し、その口調にも自信があふれた。

1/3ページ

最終更新:5/18(土) 16:05
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事