ここから本文です

「キャッシュレス化と言われているが、どんな所までこの波はきていますか??」

5/18(土) 19:10配信

ファイナンシャルフィールド

大学にもキャッシュレス化の波

教育現場では連絡事項をプリントで配布するなど、昔と変わらない面もある一方で、大学の食堂や購買では、キャッシュレス化の波が来ています。

例えば、近畿大学では、2018年12月から学内の食堂やコンビニなどで「LINE Pay」の導入をスタートさせました。これは、関西圏の大学では初の取り組みだったようです。

また、2019年2月から、神奈川大学生活協同組合が全国の大学生協で初めて「PayPay」の導入を開始。神奈川大学内の食堂や購買、書店で「PayPay」による決済が可能となりました。

大学は海外からの留学生も多く在籍しているため、教育機関としていち早くキャッシュレス化が進んでいるのかもしれません。

以上のように、日本のキャッシュレス化は、裾野を広げつつあります。今秋から導入される予定の消費税増税や、2020年のオリンピックを前に、キャッシュレス化の波はさらに大きくなることでしょう。

現金主義の方も、これからの時代を踏まえてキャッシュレス決済を検討してみませんか?あなたの生活を豊かにするきっかけが得られるかもしれませんよ。

※2019/5/20 出典を一部修正させていただきました

出典:経済産業省『「キャッシュレス・消費者還元事業」についてキャッシュレス決済事業者の仮登録の受付を開始しました』
   経済産業省「キャッシュレス・ビジョン 平成30年4月」
   JNTO日本政府観光局「平成31年 訪日外客数・出国日本人数 2019年3月 訪日外客数 (JNTO推計値)」
   大学プレスセンター「関西圏の大学初! LINE Pay決済導入開始 学内キャッシュレス化を目指す」
   大学プレスセンター「全国の大学で初のコラボ!「PayPay」決済導入開始 学内キャッシュレス化を目指す」

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

ファイナンシャルフィールド編集部

2/2ページ

最終更新:5/20(月) 10:28
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事