ここから本文です

女ひとり、今夜は「はしご酒」 吉祥寺とっておき居酒屋3選

5/18(土) 17:30配信

アーバン ライフ メトロ

意外とディープな顔を見せる、夜の吉祥寺

 吉祥寺といえば、住みたい街で毎回上位に名前が挙がるおしゃれな街。駅ビル「アトレ吉祥寺」や井の頭恩賜公園など、便利さと自然が共存する人気エリアです。

【画像】吉祥寺はしご酒フォトレポート

 一方、夜になるとディープな一面も。サラリーマンなどでにぎわう新旧の飲み屋が軒を連ねるハモニカ横丁はその代表と言えるでしょう。

 しかし今回は、そんなハモニカ横丁からあえて視点をずらし、それ以外のエリアから、女性ひとりでも飲みに行きやすい吉祥寺のお店を3軒紹介します。

1軒目:500円均一で高コスパ「コメマル(米)」

 まず訪れたのは、吉祥寺駅南口から徒歩約1分の「コメマル(米)」(南町1)。こちらのお店、土曜日は15時、日・祝は14時から営業しているため、早飲みにもってこいのお店なんです。さらにお酒もおつまみも、税込500円の明朗会計がうれしい!

 地下の入口に続く1階の階段には、「おでん」と書かれた赤提灯と、営業中かどうかを示す信号機が立つユニークな門構え。青信号なのを確認して店内に入ると、5人ほど並べる立ち呑み用カウンターと、2~4人掛けのテーブルが7つ並びます。

 一番乗りだったので手前のテーブルに座り、まずは「生レモンサワー」と、おすすめの中から「黒鯛活〆」を注文。搾りたてのすっきりしたレモンの香りが、暑さを吹き飛ばしてくれます。黒鯛は身の一枚一枚がコリコリしていて新鮮な食感。これは日本酒と合うこと間違いなし。

 店内には、全国47都道府県の日本酒が並びます。店長に「魚に合う辛口のおすすめありますか?」と聞いて出てきたのが、福井県の 「常山(じょうざん) とびっきり辛口」。その名のとおり、鼻をツンと刺激する辛さのなかに、すっと抜ける膨らみある味わいを楽しむことができます。

 辛口の酒のアテ(つまみ)にと、お店人気の「名物おでん」を注文。メニューにある15種類のなかから4つ、好きな具材を選べます。今回は店長のおすすめで、大根・玉子・牛すじ・ねぎ袋を盛ってもらいました。出汁を一口すすると、これが本当に優しい味。あっさりしている中にもコクがあるのは、お酒に合うように味付けしているのだとか。

 このおでんがおいしすぎたので、単品おでんの「白はまぐり」と、「常山 とびっきり辛口」のひとつ下の「常山 純米超辛」を注文。はまぐりからの出汁で、先ほどのおでんよりも、味も見た目も濃い一品。辛みと米の旨さを味わえる純米超辛との相性が抜群で、のどが喜んでいるのが分かりました。

 気がついたら、この日お店にあった常山の4種類を全制覇していました。すべて税込500円なので、お会計もしやすく、軽く入ってスムーズに出られる「コメマル(米)」でした。

1/3ページ

最終更新:5/19(日) 12:22
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事