ここから本文です

今平周吾「耐えることの大切さを感じた」全米プロでの経験を活かせるか

5/18(土) 18:10配信

ゴルフネットワーク

 全米プロゴルフ選手権は現地時間17日、米ニューヨーク州のベスページブラックコースで第2ラウンドが行われ、今平周吾は通算7オーバーで予選落ちを喫した。

【動画】生涯グランドスラム王手のジョーダン・スピースが2位タイに浮上

―ラウンドを振り返って

 今日もフェアウェイを捉えられなかったので、なかなか難しかったです。

―昨日は戦えそうな気がしたと言っていたが

 ちょっとドライバーが良くなかったです。

―飛距離よりもフェアウェイをキープできないと厳しい

 そう思いました。

―フェアウェイに行ったあとのショットに関して

 フェアウェイに行ったときは良いショットもありましたが、ラフに行くとグリーンを狙えないのでなかなかパーを獲るのも厳しいです。

―ベスページどんなコース

 来た時は距離が長くて難しい感じがありましたが、ちょっとはやれそうな感じもあったので、またここでやる機会があればこの経験を活かしたいです。

―今後の試合に向けてどんな準備をするか

 耐えることの大切さを感じたので、それを全英オープンに活かしたいと思います。

最終更新:5/18(土) 18:10
ゴルフネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事