ここから本文です

眼の前で倒れた女性をAEDで救命……でも痴漢に間違われないか?

5/18(土) 11:45配信

LIMO

最近は、役所や公民館、学校、ショッピングセンターや映画館といった公共施設を中心に、AED(自動体外式除細動器)を置いているところも多くなりました。ただ、もし目の前で倒れてしまって動かない人がいたら、あなたは躊躇(ちゅうちょ)なくAEDを使うことができますか? 

自動車教習所などで「いちおうAEDの使い方は習ったことがある」という方もいらっしゃると思います。「そもそも使い方がわかるか」という点もあるかもしれませんが、特に女性や高齢者が倒れているときなどに、

・女性の服を公衆の面前で勝手に脱がしてもいいのか……? 
・「胸骨が折れるぐらいの勢いで」心臓マッサージするように教わったけど、本当に折れちゃったらどうしよう……? 

といった疑念が浮かんで躊躇してしまう方も多いようなのです。では、一体どう行えばいいのでしょうか? 

救命処置の手順

まず、本題に入る前に、以下に救命処置(心肺蘇生法とAEDの使用)の手順をごく簡単に記します。

1.肩などを優しくたたきながら「大丈夫ですか?」など呼びかけを行う
2.周囲の人に119番通報とAEDの調達を依頼する(1人の場合はそれらを自分でやったあとに「3」以降の手順を行う)
3.呼吸の確認をする。ない場合、わからない場合は「4」の胸骨圧迫(心臓マッサージ)へ
4.胸の真ん中あたりで1分間100~120回のテンポで胸骨圧迫を30回行う。その後、気道確保と人工呼吸(2回)。普段どおりの呼吸が戻るまで、胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を繰り返す
5.AEDが到着したらAEDの電源を入れる
6.AEDパッドを指示通りに貼る
7.AEDが解析し、必要と判断された場合、電気ショックを実行する
8.胸骨圧迫を再開する
※ 東京消防庁・日本赤十字社・日本医師会などのウェブサイトの情報をもとに執筆者作成
さて、先ほども触れた通り、上の手順の中で、「AEDパッドを貼る段階」や「胸骨圧迫」で躊躇する人が多いかもしれないと見られているのです。

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 6:55
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事