ここから本文です

王者が誇る名脇役リビングストンが今夏引退へ「今季はここ数年で最もケガに苦しんだ」

5/18(土) 17:02配信

バスケットボールキング

今季はケガに悩まされ、プレーオフでも精彩を欠く長身ポイントガード

 NBA史上4チーム目となる3連覇を果たすべく、現在ゴールデンステイト・ウォリアーズはポートランド・トレイルブレイザーズとのウエスタン・カンファレンス・ファイナルを競い合っている。

 第2戦を終えて2戦無敗を記録するウォリアーズは、ブレイザーズのホーム、モーダ・センターで5月19日(現地時間18日)にシリーズ第3戦に臨む。

 2014-15シーズンからスティーブ・カーHCが率いてからというもの、ウォリアーズは昨季までの4シーズンで3度も優勝しており、4年連続でNBAファイナルまで勝ち上がってきた。

 チームの基盤はもちろん、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンなのだが、ケビン・デュラントやデマーカス・カズンズといったオールスター選手たちよりも長くこのチームで主軸を務めている脇役がいる。

 それがアンドレ・イグダーラとショーン・リビングストンだ。イグダーラは今季でウォリアーズ在籍6シーズン目。今年のプレーオフでは14-15シーズン以来初となる平均2ケタ得点(10.6得点)をマークしており、14試合(うち先発は8試合)を終えて過去2シーズンの合計数と並ぶ14ブロックをマークするなど好調をキープ。

 一方、201センチの長身ポイントガードとしてカリーのバックアップを務めるリビングストンは、14試合に出場して平均13.2分3.4得点1.5リバウンド1.4アシスト。プレータイムや得点、リバウンドはウォリアーズ加入後では最も低く、フィールドゴール成功率も40.9パーセントと、決して高いとは言えない。

 実は、リビングストンは4月4日(同3日)に現地メディア『The Athletic』へ掲載された記事の中で、今季限りで引退することを真剣に考えていることを明かしていた。

「そう。間違いない。身体がサインを送ってるんだ。フィジカル面でね。もし僕が健康体で楽しんでいれば、プレーしたいと言うだろう。でもフィジカル面で今はそうじゃないんだ。僕はこれまで、バスケットボールの舞台で再びプレーすべく、自分の身体に過度な負担をかけてきたからね」。

1/2ページ

最終更新:5/18(土) 17:02
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事