ここから本文です

真中氏、ヤクルト・五十嵐の5回途中からの登板に…

5/18(土) 21:19配信

ベースボールキング

● ヤクルト 6 - 11 DeNA ○
<8回戦・神宮>

 ヤクルトの五十嵐亮太は、5回途中からマウンドにあがり、0回2/3を投げて、2安打1失点だった。

 前日は1点ビハインドの9回から登板し、1回を無失点に抑えた五十嵐だったが、この日は3-3の5回一死一、二塁の場面で、先発・石川雅規の後を受けてマウンドに上がった。

 18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-DeNA戦』で解説を務めた真中満氏は、五十嵐の登板前に「昨日9回に投げて、今日は5回に投げているということは、コンディションを作るのがすごい難しいんですよね。今日も9回でしたら、同じルーティンというかペースでいけるんですけど、五十嵐には頑張って欲しいですね」と心配。

 真中氏の不安が的中する形になった。宮崎敏郎に勝ち越し適時二塁打を打たれると、続くソトの内野ゴロの間に三塁走者の生還を許した。さらに筒香嘉智にも適時打を浴びる苦しい投球となった。

 真中氏は「コンディションは大変だったですよね」と五十嵐の失点後に話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

最終更新:5/18(土) 21:23
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事