ここから本文です

【MLB】ヤンキース傘下マイナーの加藤豪将、3Aから2Aに“降格” 最近8試合で打率.115

5/18(土) 8:10配信

Full-Count

4月は打率.355、OPS1.058と活躍も…

 ヤンキース傘下マイナーの加藤豪将内野手が17日(日本時間18日)、3Aスクラントンから2Aトレントンに“降格”となった。

【動画】加藤豪将が今季3Aで放った豪快5本塁打…ヤンキースのファームシステムが公開したダイジェスト映像

 加藤は今季初めて3Aでプレー。4月は18試合出場で打率.355、5本塁打、13打点、OPS(出塁率+長打率)1.058と活躍し、ヤンキースに怪我人が続出する中でメジャー昇格を猛アピールした。

 しかし、5月に入ってからは当たりが止まり、ベンチスタートの試合も多くなった。5月4日(同5日)以降は8試合出場で26打数3安打の打率.115。3日(同4日)のメッツ傘下3Aシラキュース戦後には今季最高の打率.368としていたが、そこから数字を落としていた。

 開幕から29試合出場で打率.304、7本塁打、18打点、OPS.925。2Aで再スタートを切ることになった。加藤は17日の2Aトレントンの試合のスタメンに「2番・DH」で名を連ねている。

Full-Count編集部

最終更新:5/18(土) 11:38
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/24(土) 12:20

あなたにおすすめの記事