ここから本文です

巨人連勝、ゲレーロ“恩返し弾”&メルセデス7回零封で4勝目 中日は柳が5失点

5/18(土) 16:55配信

Full-Count

丸と岡本が連続タイムリー、中日は柳が5失点で2敗目

■巨人 5-1 中日(18日・ナゴヤドーム)

 巨人は18日、敵地・中日戦で5-1で快勝し、2連勝を飾った。先発のメルセデスが7回5安打無失点2奪三振1四球の快投で4勝目(2敗)。打線は2回にゲレーロの古巣相手の2ランで先制すると、3回には丸、岡本のタイムリーなどで3点を追加した。

 巨人は初回、1死から坂本が四球と盗塁でチャンスを作るも、丸、岡本が凡退して無得点。しかし、2回は先頭・亀井が二塁打で出塁すると、ゲレーロが中日先発・柳から“恩返し”の先制2ランを放った。

 さらに、3回は山本が死球、坂本が四球で無死一、二塁として、丸と岡本が連続タイムリー。続く亀井の併殺打の間に1点を追加し、5-0とした。

 メルセデスは2回に2死から連打で二、三塁のピンチを招くも、加藤は一ゴロで無失点。6回は先頭・遠藤を中前打で出したが、後続を断った。7回も2死から四球とヒットで得点圏に走者を進めたが、代打・阿部を三ゴロに仕留めて無失点。ここでマウンドを降りた。

 8回は中川が1点を失うも、9回は澤村が抑えて2連勝。貯金7とした。

 中日は先発・柳が6回5失点で2敗目(3勝)。連敗でカード負け越しが決まった。

Full-Count編集部

最終更新:5/18(土) 17:01
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事