ここから本文です

DeNAドラ1上茶谷、7戦目で待望のプロ初勝利! ヤクルトは大量失点で4連敗

5/18(土) 21:14配信

Full-Count

DeNAはソト4打点&宮崎は適時打2本で連勝

■DeNA 11-6 ヤクルト(18日・神宮)

 DeNAのドラフト1位ルーキー上茶谷大河投手が18日、敵地ヤクルト戦でプロ初勝利を挙げた。5回2/3を3安打4四球3奪三振で3失点。これまで勝ち運にも恵まれなかったが、この日は打線が11点を挙げ、7戦目の登板で待望の1勝を掴んだ。

【写真】ドアラがちゃっかりセンターに…中止が決まりSPゲストの予定だったゴールデンボンバーとマスコットたちが記念撮影

 DeNAは初回、ソトの犠飛で先制。さらに、ソトは3回には2ランを放ち、3点差とした。

 上茶谷は3回までヤクルト打線を無安打に抑えるも、4回1死からバレンティンに初ヒットとなる中前打を許すと、雄平は四球のあと、村上に11号同点3ランを浴びた。

 しかし、DeNA打線は直後の5回、宮崎、筒香のタイムリーなどで3点を勝ち越し。上茶谷は6回2死から村上へ四球、中村には左前打を浴びたところで降板となったが、2番手・砂田が太田を空振り三振に仕留め、無失点で切り抜けた。

 すると、DeNA打線は7回に宮崎、大和、伊藤光のタイムリーなどで一挙5点を奪取。その裏にエスコバーが青木のタイムリー、バレンティンの2ランで3点を失ったが、逃げ切りに成功して上茶谷にプロ初白星がついた。打線は宮崎が2本のタイムリー、ソトは4打点と存在感を見せた。

 ヤクルトは先発・石川が5回途中5失点。救援陣も大下が2回で5失点(自責4)を喫するなど踏ん張りきれず、4連敗を喫した。

Full-Count編集部

最終更新:5/18(土) 21:14
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事