ここから本文です

過去最多1日34往復 旧盆期間の北陸新幹線、JR西が発表

5/18(土) 1:30配信

北國新聞社

 JR西日本金沢支社は17日、夏季(7~9月)の臨時列車の運転ダイヤを発表した。北陸新幹線は旧盆期間の8月9~18日、かがやき、はくたかを合わせた臨時便を過去最多の1日9往復とし、定期便との合計で34往復に増やす。

 北陸新幹線利用者は開業5年目の今年度、ゴールデンウイーク(GW)期間の平均客数が過去最多となり好調な利用状況から10日連続の増発に踏み切る。

 9往復の内訳は、かがやき8往復、はくたか1往復。これに加え、定期便はかがやき10往復、はくたか15往復が走る。

 2015年の金沢開業以来、臨時便は1日17本が最多だった。

 海の日(7月15日)、敬老の日(9月16日)、秋分の日(同23日)を含む3連休は、臨時便を最大7往復運行する。夏季の臨時便の合計は前年比43本増の770本となる。

 関西方面の在来線特急サンダーバードは臨時本数が45本減の85本、中京方面のしらさぎは2本少ない1本となる。サンダーバードは今年3月のダイヤ改正で定期便が1往復増えており、輸送力は前年を上回る。しらさぎも増結本数を増やし、座席を前年より多く確保する。

北國新聞社

最終更新:5/18(土) 1:30
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事