ここから本文です

後半開始の2枚替えが奏功!愛媛が鮮やか逆転勝ち 、0-2から新潟下して6戦ぶり白星

5/18(土) 16:03配信

ゲキサカ

[5.18 J2第14節 新潟2-3愛媛 デンカS]

 J2リーグは18日、第14節を行った。デンカビッグスワンスタジアムではアルビレックス新潟と愛媛FCが対戦。白熱のオレンジダービーは、0-2で後半を迎えた愛媛が3-2で逆転勝利をおさめた。

 互いにシュートシーンを作る中、新潟は前半21分に敵陣中央でFKを獲得。MF加藤大がゴール前に放り込み、PA左のDF大武峻が滑り込みながら押し込んだが、オフサイドと判定されてしまう。それでも33分、前線からのプレスでボールを奪うと、左サイドからMF渡邊凌磨が上げたクロスをニアに飛び込んだMF渡邉新太が頭で合わせ、均衡を破った。

 渡邉新の今季初ゴールで先制した新潟は、前半終了間際に追加点。右サイドの浅い位置でFKを獲得し、今季初先発のMF小川佳純が右足で一気にゴール前に蹴り込み、大武がバックステップを踏みながらヘディングシュートを放つ。これがゴール右隅に吸い込まれ、2-0とリードを広げた。

 2点ビハインドの愛媛は、後半開始から2人を変更。DF小暮大器とMF野澤英之に代え、MF山瀬功治とFW吉田眞紀人をピッチに送り込むと、早々に1点を返す。3分、吉田が山瀬からのパスをワンタッチでつなぎ、抜け出したU-22日本代表FW神谷優太がPA内から右足シュートを沈め、1-2とした。

 2枚替えで攻撃にリズムがでてきた愛媛がこの勢いのまま、後半9分に同点に追いつく。PA左手前でDF下川陽太のパスを受けた山瀬が思い切りよく右足を振り抜く。強烈なシュートではなかったが、ゴール右隅に吸い込まれて2-2。愛媛が一気に試合を振り出しに戻した。

 一進一退の攻防が続く中、決勝点は後半37分に生まれた。愛媛は左サイドからMF竹嶋裕二がロングスローを供給すると、中央のMF田中裕人がヘディングシュートを叩き込み、3-2で逆転勝ち。4月7日の第8節・岐阜戦以来、6試合ぶりの白星を挙げた。一方、ホームで痛恨の敗戦を喫した新潟は、今季2度目の2連敗となった。

最終更新:5/18(土) 16:03
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事