ここから本文です

ウタカ無双&ドゥドゥが古巣相手に2発で甲府が3-0完勝! 連敗の福岡はJ3降格圏へ

5/18(土) 16:13配信

ゲキサカ

[5.18 J2第14節 福岡0-3甲府 博多陸]

 J2第14節が18日に開催され、7位ヴァンフォーレ甲府がアウェーで20位アビスパ福岡に3-0で勝利した。前半13分にMF横谷繁が先制ゴールを挙げ、後半18分と同25分に古巣対戦のFWドゥドゥが追加点を奪取。連敗を2でストップし、4試合ぶりに勝ち点3を獲得した。

 福岡がボールを保持して甲府がブロックを固めて迎え撃つ展開の中、先手を取ったのは甲府だった。前半13分、FWピーター・ウタカのポストプレーからFW曽根田穣がスルーパスを出すと、PA内右に抜け出した横谷が右足で流し込む。横谷は3試合ぶりのゴールで今季3得点目とした。

 甲府はその後も効率の良い攻撃でチャンスを作り出していく。福岡は前半45分にMF田邉草民のロングボールからMF松田力がチャンスを迎える。しかし、PA内右から右足で放ったシュートはGK河田晃兵の正面を突き、甲府の1点リードで前半終了となった。

 後半も甲府は相手にペースを渡さない。後半17分、FWピーター・ウタカが右足で強引に打ったミドルシュートがDF篠原弘次郎に当たってPA内中央にこぼれると、ドゥドゥが抜け目なく右足で蹴り込んで2-0とする。

 後半25分には、カウンターからウタカが複数の相手にマークされながらも力強いドリブルで中央を持ち上がり、右からフリーで走り込んだドゥドゥにラストパス。ドゥドゥはPA内右から右足でゴール左に決め、今季の得点数を5に伸ばした。

 3失点を喫した福岡は攻撃でも良いところを見せられず、0-3で完封負け。2連敗で4試合未勝利(1分3敗)となり、暫定でJ3自動降格圏内となる21位に転落した。

最終更新:5/18(土) 16:14
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事