ここから本文です

【インディ500予選】佐藤琢磨14番手、アロンソは日曜日に予選通過を狙う

5/19(日) 10:37配信

TopNews

第103回インディ500の予選一日目が行われ、スペンサー・ピゴット(エド・カーペンター・レーシング/シボレー)がトップスピードを記録した。

トップ10をエンジン別に見てみると、上位4台を含む6台がシボレー、4台がホンダとなっており、ホンダ勢トップはコルトン・ハータ(ハーディング・スタインブレナー・レーシング/ホンダ)だった。

第101回インディ500王者の佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング/ホンダ)は14番手だった。

F1モナコGP、ル・マン24時間レースに続き3冠を狙う元F1王者のフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・レーシング/シボレー)は31番手となってしまい、19日(日)に予選通過を狙う。

最終更新:5/19(日) 10:37
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事