ここから本文です

【オークスの見どころ】桜花賞上位組だけでなく別路線組も有力

5/19(日) 9:45配信

netkeiba.com

 今年は桜花賞上位組と、別路線で強い勝ち方をしてきた馬との争いとなりそうだ。出走する主な有力馬は次の通り。

■5/19(日) オークス(3歳・牝・GI・東京芝2400m)

 コントラチェック(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)はフラワーCを快勝。ハナを切って、直線ではノーステッキで後続を突き放すという非常に強い内容だった。その後は桜花賞に向かわず、このオークスに直行してきた。初の左回り、距離延長を乗り越えての戴冠なるか。先週のヴィクトリアマイルで早くもJRAのGIを制したD.レーン騎手の手綱捌きにも注目したい。

 クロノジェネシス(牝3、栗東・斉藤崇史厩舎)は桜花賞で3着。直線で馬群に押し込められる場面があったが、進路を確保してからはよく脚を伸ばした。今回は2戦2勝の東京コースで、距離延長も問題はなさそう。ヴィクトリアマイルを制した姉ノームコアに続きたいところだ。

 ラヴズオンリーユー(牝3、栗東・矢作芳人厩舎)はドバイターフを制したリアルスティールの全妹という良血馬。新馬戦、白菊賞、忘れな草賞と無傷の3連勝を飾っており、着差も一戦ごとに広げている。初の関東遠征、強敵相手のここでも楽しみの方が大きい。

 ダノンファンタジー(牝3、栗東・中内田充正厩舎)は1番人気に支持された桜花賞で4着。早めに動いたグランアレグリアを追いかけたものの、結果的にそれで直線の伸びを欠いてしまった。今回は距離延長がカギとなるが、巻き返してのGI・2勝目なるか。

 その他、桜花賞2着のシゲルピンクダイヤ(牝3、栗東・渡辺薫彦厩舎)、ソウルスターリングとの姉妹制覇を狙うシェーングランツ(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)、桜花賞5着のビーチサンバ(牝3、栗東・友道康夫厩舎)、フローラSを制したウィクトーリア(牝3、美浦・小島茂之厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

最終更新:5/19(日) 9:45
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事