ここから本文です

(考・カルチャー 平成→令和)リアルと非リアル 「2.5次元」同じ空間を共有

5/19(日) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 小学生の将来つきたい職業ランキングで上位に挙がる「ユーチューバー」。生身の人間が体を張った動画投稿が人気だが、これをCGやイラストのキャラクターに置き換えた「バーチャルユーチューバー」が注目を集めている。今年デビューした伊達あやのは「2世タレント」という設定。「母」は大手芸能事務所のホリプロから1996年に登場し、元祖バーチャルアイドルと呼ばれた伊達杏子だ。
 ところが、この「親子」、見た目がまったく違う。
 大きな瞳など、かわいらしくデフォルメされた典型的なアニメキャラクター風の「娘」に対し、「母」は「とにかくリアルを目指した」とホリプロ社長の堀義貴さんが振り返るように、目はそこまで大きくなく鼻もはっきり描く。…… 本文:2,183文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:5/19(日) 5:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事