ここから本文です

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 強敵との激戦後は、まったり釣りをして過ごしましょう!(第230回)

5/19(日) 10:37配信

ファミ通.com

文:ゴジラ太田

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! 2019年5月11日は『ドラゴンクエストライバルズ』(以下、『DQR』)の公式全国大会“勇者杯2019春”が行われました。大会後は『DQR』プロデューサー、二木達博(ふたぎ・たつひろ)氏から興味深いお話をいろいろといただけたので、大会のリポート記事&インタビュー記事も楽しみにお待ちください!(近日掲載予定です)



今週は頭を空っぽにしてイセエビを釣りまくり!

 現在アストルティアでは第4回フィッシングコンテスト 『イセエビグランプリ』が開催中! 恒例の、旬のおさかな釣りまくりシリーズですね。さっそく港町レンドア南にいる釣り師範ナツリに話しかけて旬の釣りざおと旬のルアーをもらいます。これまでフィッシングコンテストはウェナ諸島コルット地方の浜辺で釣っていたのですが、今回の旬のイセエビは、以下の3ヵ所からしか釣れないようです。


 というわけで、今回はゴブル砂漠で釣ることに。商人たちのテントに飛び西の海岸へ向かうと、すでにたくさんの冒険者が! いたるところで巨大なイセエビが釣り上げられています。ひっくり返ったイセエビたちがワシャワシャと脚を動かしている光景は、何だか新鮮ですね……いろいろな意味で。さっそく俺も旬の釣りざおをルアーを装備し、釣り師のレンタル衣装も着てみました。レッツフィッシング!



 前回は翠将鬼ジェルザークから勝利をもぎ取るために必死に戦術を考えていましたが、なにも考えずに楽しめる釣りもいいものですね。スローライフ感満載。



 「とりあえずさかなぶくろが満タンになるまでやるか」と、まったり釣りを楽しんでいると、釣りを始めたばかりなのに旬の黄金イセエビがヒット!



 前回は旬の黄金イカを釣れないまま終わってしまったので、これは最高のスタートです! 大きさも1456.9センチと、かなり大きい! この後しばらく通常の旬のイセエビを釣りましたが、平均で1100~1200センチだったので、やはり黄金イセエビはかなりの大きさ。そして釣りざおがそろそろ壊れるかな? と思ったそのとき……



 今回のフィッシングコンテストでは、イセエビの最大ランキングのほか最小ランキングも行われています。そしてなんと、どちらも上位200位以内に入れば、ドルボードの見た目を変えるマンタプリズムが手に入るんです。これは今回は狙えるかも……!?



 さかなぶくろが満タンになったので、さっそく釣り師範ナツリに話して釣り上げたイセエビを登録!



 ランキングはどの程度だろう? なにかの間違いで入っていたりしないかな……。 まだイベント開始直後だし、一瞬でも載りたい! と、ついついマンタプリズムに気を奪われていましたが、イセエビの各サイズ報酬があるのを忘れていました。なお、1300センチ以上のビッグサイズを釣っていたため、一気に全報酬をゲットできました。



 さあ、つぎはいよいよ気になるランキング……! さっそく確認しようとしましたが、まだ反映前の状態でした(笑)。さすがにイベント開始直後なので早すぎたか。また時間をおいてチェックしてみよう……。



 というわけで、しばし時間をおいてランキングをチェックしたところ、最小も余裕のランキング外。最大の200位は1613cmのイセエビ、最小の200位は363~369cmのイセエビで埋め尽くされていました。やはりそんな簡単にランキングに入るようなイセエビは釣れなかったか……(´・ω・`)。



 ちなみに最大、最小の上位はこんな感じ(撮影日は2019年5月12日)



 今回もマンタプリズムは少し諦めムードになってきましたが、まだイベント終了までには時間があります。釣りはちょっとした空き時間にサクっとできるので、なんとか200位以内に入れるサイズを釣りたい! ちなみに、参加者全員で挑戦するイセエビグランプリ記念 大漁祭も同時開催しています。これは単純に冒険者が釣ったイセエビの総計に応じて報酬がもらえるイベント。サイズなど気にせず釣りまくればいいというわけですね。原稿執筆時(2019年5月12日)の時点ですでに達成率70%を越えているので、こちらの報酬は全部もらえそうかな?



 イセエビグランプリの開催期間は2019年5月19日午前11時59分まで。全体報酬が確定していても、最大or最小ランキングで200位以内を目指す人は、ギリギリまで粘ってみましょう。釣りは根気、そして何より楽しむことが大事ですよ。

 それでは、また次回!

最終更新:5/19(日) 10:37
ファミ通.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事