ここから本文です

デビッド・O・ラッセル監督、ジェニファー・ローレンス主演映画を準備

5/19(日) 12:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「世界にひとつのプレイブック」「アメリカン・ハッスル」「ジョイ」で3度タッグを組んだジェニファー・ローレンスとデビッド・O・ラッセル監督が、4度目の対峙を果たすことになりそうだと、米Deadlineが報じている。

 ふたりは、米ニューヨークで行われているトライベッカ映画祭の公開対談「トライベッカ・トークス」にそろって登壇。これまでの3作品を振り返る内容で、ラッセル監督は名シーンが生まれた経緯を説明しながら、ローレンスの演技力を絶賛。そのうえで、「いま、君のために新作を描いているんだ」と告白した。突然のラブコールに対し、ローレンスは「脚本が仕上がったら、やるわ」と即答している。なお、タイトルや内容は不明。

 「ハンガー・ゲーム」と「X-MEN」という人気シリーズ2本を抱えて多忙を極めていたローレンスだが、しばらく休暇を取っていたことで知られている。6月にクランクインするタイトル未定のインディペンデント映画で女優業に復帰。ニューヨークの新進演出家として注目を集めるリラ・ノイゲバウアーの監督デビュー作だという。

最終更新:5/19(日) 12:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事