ここから本文です

箱根山の噴火警戒レベル引き上げ 気象庁が現地調査へ

5/19(日) 11:20配信

カナロコ by 神奈川新聞

 箱根山(箱根町)の火山活動活発化を受け、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)へ引き上げた気象庁は19日、機動調査班を派遣し、現地調査を行う。

【写真で見る】箱根・大涌谷でシェルター3基完成 突発的噴火に備え一歩

 同庁によると、微小な火山性地震は18日に45回、19日は午前9時までに21回を観測。このうち19日午前8時53分ごろには、箱根、湯河原両町で震度1を記録する地震があった。

 気象庁は「箱根山では火山活動が活発化している。想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒が必要」と注意を呼び掛けている。

神奈川新聞社

最終更新:5/19(日) 11:20
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事