ここから本文です

声優×二次元芸人「GET UP! GET LIVE!」花江夏樹&西山宏太朗は台本無しコントも披露! 1stLIVEレポ

5/19(日) 17:30配信

アニメ!アニメ!

5月18日、東京・ 日本教育会館一ツ橋ホールにて、MBSがプロデュースする声優×二次元芸人プロジェクト『GET UP! GET LIVE!(ゲラゲラ)』の1stリーディングLIVEが開催された。
会場には、共振系幼馴染コンビ「スターダスト」を演じる花江夏樹と西山宏太朗、ちぐはぐ凸凹コンビ「菊一文字」を演じる豊永利行と石川界人、イマドキ関東芸人「6 -シックス-」を演じる阿座上洋平と熊谷健太郎の計6人が登壇。客席を爆笑の渦に包んだ。

大きな写真で詳しく見る

当日の舞台は、『水曜日のダウンタウン』や『ゴッドタン』などでナレーションを担当する名ナレーター・服部潤が世界観を説明するオープニング映像で開幕。本舞台は3組6人によって、ドラマパートと漫才・コントのネタを披露するお笑いパートを合わせた約100 分が繰り広げられた。


まずドラマパートでは、“お笑い”に青春の全てをかけて日本一、世界一のお笑い芸人を目指して進む物語の一端を、6人のキャストが丹念に演じていく。熱のこもった迫真の演技に、観客も『GET UP! GET LIVE!』の世界にのめりこんでいった。

そしてお笑いパートでは、“声優×お笑い”という初の試みにもかかわらず、まさにキャラクターが乗り移ったかのような掛け合いを見せるキャスト陣が、会場中を爆笑の渦に包み込む。
また夜の部では、音声トラブルから天津向の前説ならぬ中説を挿入するなど、ピンチも笑いに変える本企画ならではの一幕も。さらに夜の部では「スターダスト」の花江&西山が台本無しでコントに挑戦してみせ、ネタのクオリティーはもちろん稽古を繰り返してきた証でも会場を沸かせた。


そしてクライマックスでは劇中の賞レースさながらに、「だれが一番面白かったか」というお笑いバトルの勝敗を観客自身が決めるという取り組みが行われた。まさに、実際のお笑いLIVEに来ているかのような感覚に、会場は大興奮。昼の部では「菊一文字」、夜の部では「6 -シックス-」がそれぞれ優勝に輝いた。

最後のカーテンコールでは、750席のキャパに対して5000件超の観覧応募があったという好評を受けて、2020年に東京、大阪での2ndLIVEツアー開催が決定したことが伝えられた。
またLIVEだけではなく、ドラマCDの制作決定や「小説家になろう」とのコラボレーション企画も発表に。いずれも詳細は今後、公式サイトやTwitter などで告知される予定だ。

『GET UP! GET LIVE!』
●2020年 2ndLIVE 決定
2020年2月2日(日)大阪
2020年2月9日(日)東京
大阪、東京での二大ツアーを実施予定
●ドラマCD化決定
本作のキャラクターの魅力をより掘り下げるドラマCDの制作が決定。
発売時期、内容に関しては、今後公式サイト、Twitterで発表予定
●「小説家になろう」とのコラボが決定!
『GET UP! GET LIVE!』と小説投稿サイト「小説家になろう」のコラボレーションが実現。誰でも無料で小説を投稿したり、読めるサイト「小説家になろう」。あなたが「小説家になろう」で投稿した漫才ネタが、ゲラゲラの漫才やコントの台本になる可能性も。
上記それぞれ今後公式サイト、Twitter で進捗を発表予定になります。

■1stリーディングLIVE見逃し配信【昼の部&夜の部共通】
5月19日(日)正午~5月21日(火)23:59
オンライン会場チケット代:2,700円(税込)
販売期間:~5月21日(火)12:00
※特典ブロマイド付き
(C)GETUP!GETLIVE!

アニメ!アニメ! 仲瀬 コウタロウ

最終更新:5/19(日) 17:30
アニメ!アニメ!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事