ここから本文です

“モンスター・ナオヤ”衝撃的勝利 弟の暫定王者・拓真「兄弟が嫌になるぜ(笑)」

5/19(日) 7:24配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBSS準決勝、IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(18日、グラスゴー)

【写真】弟を祝福する井上尚弥 兄としてのプライドと愛情

 階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」の準決勝が18日(日本時間19日)、英国・グラスゴーのSSE・ハイドロで開催され、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=が2回1分19秒TKOでIBF世界同級王者のエマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=に圧勝。IBF王座を獲得するとともに、WBA同級スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=の待つ決勝へ進出した。

 “モンスター”が英国に衝撃をもたらした。日本選手が欧州で世界戦に勝利するのは史上初。井上は互角の初回を終えると、2回にスパート。左フックで先制のダウンを奪うと、ボディーブローで2度のダウンを追加してレフェリーストップを呼び込んだ。

 衝撃のKO劇に身内も驚きを隠せない。同行している弟で、WBC世界同級暫定王者の井上拓真(23)=大橋=が試合終了後に自身のインスタグラムを更新。傷ひとつない兄と、拳をかためたツーショット写真を投稿。「この男最強すぎる…兄弟が嫌になるぜ(笑)」と記した。

 拓真は昨年12月にタサーナ・サラパット(タイ)に判定勝ちしてWBC世界同級暫定王座を獲得。日本では亀田3兄弟以来となる兄弟世界王者を達成した。

最終更新:5/19(日) 8:22
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事