ここから本文です

オリックスK-鈴木 4度目の正直!やっとやっとやっと手に入れたプロ初勝利

5/19(日) 8:30配信

デイリースポーツ

 「オリックス2-1西武」(18日、京セラドーム大阪)

 試合終了を見届けるとオリックスのK-鈴木は笑顔をはじけさせた。今季4度目の先発でようやく手にしたプロ初勝利だ。

【写真】ガッチリ握手の西村監督「すいません」勝っても懺悔

 「やっと。4度目の正直ですね」

 4月28日・西武戦では7回無失点もリリーフ陣が打ち込まれた。5月11日・楽天戦でも7回無失点。今度こそと思ったがまたも逆転負け。投げても投げても勝てない。同情する周囲をよそに本人は自信を深めていった。

 「自分の投球はできているし、結果も付いてきていますから」

 苦しい新人時代を体験したからこそだ。即戦力として期待され入団した昨季だったが、わずか4試合の登板に終わった。さまざまな助言を採り入れ、投球フォームを見失ったことが原因だった。

 自信喪失。1軍から声が掛かっても「行きたくない」と思った。そんなとき小林2軍投手コーチから「自分が思うように投げてみろ」と言われ目が覚めた。自分でフォームを考え、今のクイック投法にたどり着いた。

 「このフォームでも152キロは出る。打たれたらまた考えます」

 先制を許し、二回以降も毎回走者を背負ったが最少失点で粘った。今度はリリーフ陣が白星を届けてくれた。

 「とりあえず勝てたことがうれしい。チームが優勝するためにもっともっと投げたい」

 山岡、山本、榊原に続く先発右腕の誕生が、チーム浮上の原動力になる。

最終更新:5/19(日) 8:40
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/19(水) 6:50

あなたにおすすめの記事